« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005/03/25

おすすめの家族風呂

haginoyu

 「小さい子がいるとなかなか行けなくて・・・」という方におすすめなのが家族風呂です。一昔前は「温泉」と言えば「大きなお風呂」がウリでしたが、核家族化が進んだせいか数年前から数人で個室化されたお風呂に入る「家族風呂」が増えているようです。
 今回のおすすめは「萩の湯」(熊本県玉名市)です。大浴場もありますが、私たちが利用したのは家族風呂の"森の部屋"(50分:1,600円)です。(他にも"コアラの部屋"(同:1,300円)、"花の部屋"(同:1,000円)があります。)
 部屋に入ると、3畳ほどの和室があるので子どもの着替えには最適です。湯船は浅い(寝てちょうどいい)のと普通の深さのとがL字になっていました。ドライヤー、エアコンが無料というのがうれしいですね。
 入浴後は、同じ敷地内にある食事処「ももや」で遅い夕食をとりました。酒のつまみになりそうな単品メニューから定食までバラエティーに富んでいます。魚の南蛮漬け、自家製の冷やっこはおすすめです。値段も手ごろなので、食べ盛りの子どもたちがいても大丈夫。私たち夫婦もおなかいっぱい食べて2,500円くらいでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/24

うまかぁ!かき焼き

img_010kaki

 「海のミルク」と言われるカキを食べました。殻のまま火で焼く「カキ焼き」。
 それは、焼きすぎるとおいしくないのです。やや生な部分を残した(この写真)くらいがちょうどいいんです。それにレモンを少し絞って口に含むと、磯の香りが口いっぱいに広がって・・・んー、うまかぁ!

 私が家族でよく行くのは長崎県諫早市(旧高来町)の「高尾茶屋」です。香坂みゆきさんに似た方が、ていねいにカキの焼き方を教えてくださいます。バケツ1杯(2人分)が2,000円とお手軽です。自家米おにぎりや飲み物も売っているので、気軽に立ち寄れます。
 ただし、焚き木で焼くので火の熱さと煙の煙たさとの戦いです。また、カキの口から飛び出すあつーい汁(?)が顔にかかるので注意が必要です。汚れてもいい服で行くことをお勧めします。
 今年は4月3日(日曜日)までとか。あなたも是非お試しください!
 
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/03/22

歯が生えてきました

ha

 歯が生えてきました。下の方からすこぉし…。(この写真じゃちょっと見えにくいかな?)
 私は歯並びが悪いので、ゴンタがそうならないように今から心配です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/20

びっくり!

 午前中、部屋の掃除をしていると、急に部屋の窓がガタガタとゆれました。最初、何が起こったかわからずぼんやりしていると、相方が「地震!」と言って部屋に飛び込んできました。その声で私は我に返り、相方と一緒に息子を抱えて慌てて外に出ました。私の住んでいる地域では、被害はほとんどなかったようです。幸い家の中の物もほとんど変化なしでした。
 でも、テレビのニュースで、けが人などの数がだんだん増えていくのを見ていると怖くなりました。特にまだミルクや離乳食、オムツが必要な乳児がいると、災害時にどうしたらいいのか不安になります。
 決して他人事ではないですね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/03/15

寝返りできたよ!

negaeri


 ぼく、「ごん」の息子のゴンタです。
 寝返りができるようになりました!
 仰向けはもう退屈で、いつもそこらじゅうをゴロリンゴロリンしています。
 時々うつ伏せのまま動けなくなって、母ちゃんに助けてもらってマス(^。^;

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ご来場ありがとうございました

img_007

 ポットベリー第22回演奏会がお陰さまで無事終わりました。
 ご来場いただいたみなさま、どうもありがとうございましたm(_ _)m

 ぎりぎりまで病院に入院していた私は、ステージでまた「太鼓」がたたけることがうれしくてうれしくて・・・。
 打ち上げでは、仲間たちもそれぞれ悩みや迷いを抱えながら「太鼓」を続けていることを知り、なんだか勇気づけられました。笑いあり、涙あり・・・「あー、生きているな」って感じるんです。
 ステキな仲間たちに乾杯! 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/10

シクラメン

sikuramen

 一昨年の12月に購入したシクラメンです。植木鉢に開いた穴から水をあげるだけなので、ズボラな私でも世話をすることができました。
 でも、昨年の7月から先月まで私は入退院を繰り返していましたので、水やりは専ら相方が担当してくれていました。昨年の12月には花は咲かず、葉っぱばかりがのびるだけでした。相方がどこからか聞いてきて、大きくのびた葉っぱをいくつか切り落としました。
 すると、つぼみが1本、また1本と伸びてきて花が咲き始めたのです。しかも、私が退院してきた2月12日から!今ではこんなにたくさん咲いています。
 偶然なんでしょうが、シクラメンが私を待っていてくれたように思えてうれしくてうれしくて…。毎日、私を元気付けてくれています。シクラメン、ありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/08

展覧会の絵

IMG_0002

 3月13日(日曜日)の本番を前にパーカッション・アンサンブル「ポットベリー」の練習がありました。
 この日の練習曲目は、ムソルグスキー作曲の組曲「展覧会の絵」。音楽監督のN氏により打楽器用に編曲されたものです。
 私が担当するのは、いわゆる「太鼓」類です。この写真の楽器(トムトム)もその仲間です。


IMG_0003

 メロディーを担当するのは、主に鉄琴、木琴などの鍵盤楽器です(この写真の楽器はマリンバ)。でも、それ以外に意外なものでもメロディーを奏でます。さて何でしょう?当日をお楽しみに!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/03/05

息子を紹介します

_002

 はじめまして、私の息子(「ごん」の子どもだから「ゴンタ」と名づけます)です。
 ただいま寝返りの練習中です。


_001

 なかなか左手が抜けないんですぅ・・・(^。^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/03/04

懐かしの大映テレビ

 みなさんは「大映テレビ」と聞いて何を思い出すでしょう。
 私は、「乳姉妹」「不良少女と呼ばれて」「ポニーテールはふり向かない」です。
 放映された次の日には、部活の先輩とドラマの役になりきって台詞のやりとりをしていたことを思い出します。
 英単語は覚えられなくても、ドラマの台詞は不思議と頭に入ったものです。
 特に「乳姉妹」の冒頭の語り-「雨の嵐のその夜中、二人の嬰児生まれたり・・・」は20年近くたった今でもソラで言えますよ(^。^;
 その大映テレビが復活して「聞かせてよ愛の言葉を」(TBS系、月~金:13時~)が現在放映されています。大映テレビファンとしては、伊藤かずえさんと松村雄基さんのツーショットが見られてうれしいです。これからどんな展開が待ち受けているのかワクワクしながら毎回見ています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/03

「ありがとう」

息子をベビーカーに乗せて近くの商店街を散歩した。
「あらぁ~」70歳代の女性が息子を見て声をかけてこられた。
息子が彼女の人差し指をつかんでにっこりすると「あらぁ~、かわいいわねぇ。」とおっしゃった。
私が「あ、ありがとうございます。」と言うと、「こちらこそ、ありがとう。」と返ってきた。
彼女が何に対して「ありがとう」とおっしゃったのかは定かではないが、彼女の「ありがとう」がじわ~っと私の心にしみこんできた。

「“Thank You”-アメリカの子どもが最初に覚える言葉です-」以前、英語教室のポスターにこんなキャッチフレーズがあったような記憶がある。
私も息子に「ありがとう」を最初に教えようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »