« お花見 | トップページ | 母の楽しみ »

2005/04/08

母校が…

IMG_0070
IMG_0078
IMG_0076

 最近母校の前を通りかかってみると、母校が消えているではありませんか!?
 残っているのは、家庭訪問の方法を学んだ研修棟(まるで「8時だよ全員集合」の舞台セットのように、家が横から見られるようになっている)と青年心理学の授業で何度か足を踏み入れた棟だけ。校門の学校名が書いてあったプレートも剥ぎ取られ、私の目の前には平らな地面が広がります…。
 母校は看護専門学校で、看護婦科(1、2年)、助産婦科、保健婦科(当時)の課程があり約130人(ちょっと自信ない)が学んでいました。文化祭ではそれぞれのクラスの持ち味を出し、劇やダンスを披露したものです。なつかしいなぁ。
 今では、県立大学の看護学部として確立されているので喜ぶべきなのですが、やはり自分が過ごした学校がなくなるというのはさみしいものです。
 校門脇の桜だけが私を迎えてくれました。

|

« お花見 | トップページ | 母の楽しみ »

コメント

母校がなくなってしまうって寂しいですね。
私も、通っていた保育の専門学校が、同じく
県立大の短大部に統合されてしまい、今は
ありません。
母校訪問!と思っても、大学の方に行くわけにもいかないし・・・(-_-、)

投稿: 野亜 | 2005/04/09 08:03

私も高校が無くなったとウワサで聞きました
と、言っても転居?らしいのですが・・・
やはり、もとのあった場所に学校が無いのは淋しいですよね
話は違いますが、余震は大丈夫ですか?

投稿: ガチャポン | 2005/04/09 19:09

野亜さん、ガチャポンさんありがとうございます。
たった1年しか通ってないんですけどね…。今、子どもの数の減少や市町村合併などで母校がなくなったり、統合されたりって結構多いかもしれませんね。

余震はまだ続いています。でも、私の住んでいる地域は3日に1度くらい「あ、今ゆれたね」というくらいの感じです。最初の地震の時も初めてのことでびっくりしましたが、物などは落ちませんでした。今後も気をつけます。ありがとうございました。

投稿: ごん | 2005/04/10 16:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82855/3620949

この記事へのトラックバック一覧です: 母校が…:

« お花見 | トップページ | 母の楽しみ »