« 10か月健康診査 | トップページ | これは便利! »

2005/06/21

社会人講師

IMG_0410

 中学校1年生に、私の職業について語る機会があった。
 私が中学生だった頃の恩師からの依頼だったので、快くひきうけた。

 「保健師って知ってますか?」の質問に、案の定「知りませ~ん」の大合唱。
 保健師だけでは領域が狭まるので、医療(医師、看護師、助産師、理学療法士など)から福祉(介護福祉士など)まで広げて話をすることにした。
 
 40分という限られた時間の中で、私が彼女(彼)たちに伝えたかったことは「自分のモノサシを広げること」だった。
 医療や福祉に携わる人は、当然ながら「人間」を相手にする。
 自分だけのモノサシ(考え方)で、相手を「間違っている」「理解できない」と選別することはできない。
 相手の気持ちに寄り添い、生活の質(クオリティ・オブ・ライフ)が高まるよう支援するのが私たちの仕事だと、私は考えている。
 中学生の彼女(彼)たちには、本を読むこと、たくさんの人(特に、年齢の違う人)と語り合うことの二つを提案してきた。

 私の想いがどれだけ伝わったかは定かではないが、生徒たちの感想文がもうすぐ私の手元に届くのでそれを楽しみにしよう。

 講演の後は、生徒たちと同じ給食をいただいた。限られた予算の中で、栄養のバランスを考えてつくられていた。ごちそうさまでした(^v^)

|

« 10か月健康診査 | トップページ | これは便利! »

コメント

人に何かを教えられるって凄い事ですよね
ごんさん、カッコイイです!

投稿: ガチャポン | 2005/06/27 22:49


>自分だけのモノサシ(考え方)で、相手を「間>違っている」「理解できない」と選別することはできない。

ごんちゃんらしいね。
そんなふうにさらりと表現できるところが、素敵だと思う。

これからも、若い人たちに、そのメッセージを伝えていってね♪

投稿: うしやん | 2005/07/01 16:34

ガチャポンさん、うしやんさんありがとうございます。

時々こういう機会があると、自分の仕事に対する姿勢が正される(?)ので好きなんですよ(^_^)

投稿: ごん | 2005/07/03 12:50

中学生との語り、なるほど・・・・と感じています  小泉さんではありませんが、人生いろいろと体験して69年 最近は、みなさんにいかされている私が存在することを楽しんでいます
ごんさんの新しい面を発見した私は幸せです

投稿: 界雄 | 2005/09/05 11:39

界雄さん、ありがとうございます。

「みなさんにいかされる」・・・深い言葉ですよね。
人生の先輩からの書き込み、とてもうれしいです。
今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: ごん | 2005/09/14 10:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82855/4698426

この記事へのトラックバック一覧です: 社会人講師:

« 10か月健康診査 | トップページ | これは便利! »