« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005/07/31

天山登山

IMG_0490

 自動車で山に登ろうプロジェクト!!…もう何回目だろうか…
 今回は佐賀県の「天山」(標高1046,2メートル)。
 いつもは車を降りるとすぐ(もしくは10分以内)に山頂だったのだが、今回は違う。
 
 駐車場に車を止めて山頂を見上げる。
 んー、ゴンタをおんぶしては少々過酷かな?
 駐車場で会った人に尋ねると、山頂まで25分程度、サンダルで登る人もいるとか。

 相方がゴンタを背負い、いざスタート!
 お互い息があがってくる。Tシャツが汗で背中に張り付いている。
 おおよそ30分で頂上に着いた。

 頂上は24度くらいで、かなり涼しい。
 ゴンタには寒かろうと、私のシャツを着せた。
 曇りだったのと霧が出てきたのとで眺めは今ひとつだったが、山頂を渡る風が気持ちいい。
 久しぶりにいい汗をかいた。

 何でも願い事が叶うという神様にお参りして、山頂を後にした。
 その後は、もちろん家族湯で汗を流したことは言うまでもない(^_^;)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/30

地域づくりシンポジウム

IMG_0485

 相方の属するグループが主催したシンポジウムに参加した。
 市町村合併が進む中、私たちがどのように地域づくりを考えていくかというのが開催の趣旨だ。

 九州大学大学院助教授の藤原惠洋(ふじわら けいよう)さんの基調講演「もう一つのわらしべ長者をめざして」は、昔話の「わらしべ長者」を題材に、地域に住む人々同士が関わりあいをもって生きることの大切さを説かれた。
 また、ご自身が塾長を務める「めだか塾」(福岡県八女市八幡校区で「三世代が仲良く暮らせる地域づくり」をテーマに活動を続ける市民団体)の取り組みを紹介された。

 ふたつめの基調講演は、株式会社おおやま夢工房取締役総支配人の緒方英雄(おがた ひでお)さんだ。
 彼は大分県大山町の元職員だったが、「公務員」ではなく「考夢員」をめざしていた(本人談)だけあって実にユニークな人だ。
 私が記憶に残った話をひとつ紹介する。

 彼が町の職員だった頃、町長であった八幡治美さんに言われた言葉

 「あんたは町の備品じゃ。輝いてもらわにゃならん」

 これが何を意味するかというと…、
 ①備品で言えば「手入れが行き届いている」→人間で言えば「自己啓発、知力と熟練度、見識」
 ②備品で言えば「光沢がある」→人間であれば「表情、立ち振る舞い、言葉づかい」
 ③備品で言えば「用途に応じて活用されている」→人間であれば「適材適所、自分のウリは何か」

 自分の仕事にあてはめてみると、実によくわかる。
 
 後のパネルディスカッションも含めて4時間半の長丁場だったが、興味深く聴かせていただいた。
 途中、ゴンタのオムツ換えなどで席をはずしたのが残念なくらいだ(ゴンタ、ごめんね!)。

 残念と言えば、ロービーにいた女性たちだ。
 シンポジウムも後半にさしかかっているので、これから先の参加者はほとんどないと予想され、受付担当は1人で十分だと思うのだが6人くらいで話している。
 そういえば会場内も女性の姿は少なかったようだ。

 男女共同参画が推進されて久しいが、育児や介護、地域や学校の行事など、女性が担う部分がまだまだ多いのが現実だ。
 これからの「まちづくり」にはそれらの視点が不可欠だと感じるのだが、シンポジウムには関心がないのだろうか…。
 
 久しぶりにこのような場に出てきたので、いろいろ考えてしまった(^_^;)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/25

待ち時間を楽しむ法

 定期的に病院を受診している。
 総合病院なのでお約束どおり(?)待ち時間は長い。2、3時間は当たり前。
 たいていは待ち時間に読む本を持って行くのだが、今日は忘れてしまった(>_<)
 でも、こういう時には別の楽しみ方がある。

 題して「病院の待ち時間を楽しむ法~人間ウォッチングのすすめ~」
 
 病人を観て楽しむなんて不謹慎な!とお怒りになる人もいらっしゃるだろうが、お許しを。
 私が主に観察するのは病院のスタッフなのだ。
 
 例えば、
 
 ① スタッフ同士の会話(特に医師と看護師)で、お互いが対等に接しているか。
   よく見かけるのは医師が「あ、これ○○して!」「そうじゃない!」など看護師に向って“上からものを言う(命令口調)”場面。嫌な感じがする。
   逆に、廊下ですれ違うスタッフ同士がにこやかに挨拶や会話をしている場面を見るとうれしい。

 ② 白衣が清潔か。
 ③ スタッフの歩く姿勢
   白衣がうす汚れていたり、襟が曲がっていたり、スタッフが廊下をうつむいて歩いていたりするのを見ると、こっちが病人なのに「大丈夫かな?」と心配してしまう。

 ほかにもいろいろあるのだが、これくらいでやめておこう(^_^;)

 私も、職業柄人と接することが多い。
 
 “人のふり見て、我がふり直せ”

 祖母からよく言われた言葉が身にしみる。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/24

大蛇山

IMG_0472

 福岡県大牟田市のお祭り「大蛇山」に行った。
 大きな目的は、ゴンタの「かませ」だ。
 「かませ」とは、1年の無病息災を祈って大蛇の口に人を入れる(押し付けるようにも見えるが…)ことだ。
 相方に案内してもらい、ゴンタと一緒に大牟田神社をめざした。
 夕方6時頃着いたのだが、「かませ」はすでに長蛇の列。子ども連れの家族で賑わっていた。
 並んでいるとお茶のサービスがあり、とてもうれしかった(^_^)

IMG_0469

 主役のゴンタには祭りの衣装を着せ、紅白の縄に鈴がついたものをタスキのようにかけさせた。
 順番を待つ間のゴンタは、太鼓やカネの大きな音に不安そうな顔だ。

 いよいよゴンタの番。
 係の男性にゴンタを預け、私はビデオ撮影へ(だから残念ながら瞬間の写真はない)。
 その男性がゴンタを高く抱き上げ揺さぶると、ゴンタは驚いて泣き出した。
 そのまま大蛇の口へ…。

 「かませ」が終わってゴンタは泣きやんだが、しばらくブスッとしていた(^_^;)
 あー、でも仕方ない。
 「かませ」は泣いた方がご利益があるということなのだから。
 ゴンタ、許して!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/23

ここにも

IMG_0486

 ベビールームをまた発見!
 これまたドライブの途中に立ち寄った長崎自動車道の「金立(きんりゅう)サービスエリア」。
 
 以前見つけた広川サービスエリアのよりは子どもの遊べるコーナーがない分狭いが、授乳室とオムツ換えシート(2台)がコンパクトに設置されている。
 こういう施設が少しずつでも増えていくのはうれしい(^o^)/

 車に戻って気がついた。写真を撮るのに夢中で、ゴンタのオムツをオムツを換えていない…。
 あちゃ~(>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/20

おもちゃにしないぞ

IMG_0460

 食事に立ち寄ったホテルの売店を何気なくウロウロしていると…

 あー、見つけた!!

 (株)ナカノの「リズムプラス」シリーズ。
 ナチュラルな素材で、本物に近い状態につくられた子ども用の楽器だ。
 カスタネット、すず、小太鼓など単品もあったが、私は「ドラムセット」を選んだ。
 太鼓3つ、シンバル2つ、ウッドブロックとギロが合体したもの、専用マレット1対のセットで約一万円…ちょっと奮発した(^_^;)
 小さくてかわいいし、音もよかったので、卵型シェイカー(布袋付き)もあわせて購入。
 売り場の表示には、「お孫さんのお土産に」と大きくあった。そんなの気にしない。

 家に帰って叩いてみると、なかなかのもの。打楽器アンサンブルの自宅練習にはもってこいだ。
 私は固く誓った。
 
 ゴンタのおもちゃになんかしないぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/07/17

川遊び

IMG_0444

 あまりの暑さに、大分県日田市方面へ川遊びにでかけた。
 設備の整った施設はデイキャンプのテントでいっぱいだったので、そことは少し離れた山の中へ。
 生い茂った草を相方がナタで切り開き、そこにビニールシートを敷いた。

 ゴンタを川遊び用のパンツに着替えさせて、いざ川の中へ。
 冷たい水が足に心地いい。
 川底が岩盤状になっていたので、ゴンタをそこに座らせた。
 最初は水の勢いにびっくりした様子だったが、しばらくすると川面を手で叩いて大はしゃぎ(^o^)
 その様子に、こっちまでうれしくなる。

 からだが冷えすぎないように小まめに休憩をとりながら、約1時間の川遊びは終了。
 濡れたTシャツとパンツを着替えさせチャイルドシートにのせると、ゴンタは「スー」と寝息をたて始めた(-_-)zzz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/16

ミニピクニック

IMG_0435

 久しぶりにお日様に出会えたので、家族でドライブした。
 我が家のマイブームは「自動車で山に登ろう!」。山頂(もしくは山頂付近)まで自動車で行くことができる山を相方が地図帳で探し、多少過酷な山道でもチャレンジするというもの。

 今日もある山をめざしていたのだが、いきなり国土交通省の専有道路ということで門が閉まっていた。
 
 残念!!

 あきらめて、近くの東屋でお昼にしようかと思いきや、いきなりゴンタがチャイルドシートの上で吐き始めた(>_<)
 ありゃ~、今日に限って着替えがない。
 とりあえず吐いたものを拭いて、洋服を脱がせた。

 こうなったら、東屋にビニールシートを敷いてピクニック気分を味わう。
 ゴンタと一緒に寝そべると、空が高~く見えた。心地よい風に草のにおいがした。
 こんな感触、久しぶりだ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/08

末はピアニスト?

IMG_0424

 ある日、実家でのこと。
 私の母が「ほら」と言って、ゴンタをピアノの前に座らせると、鍵盤をたたき始めた。
 ビアのは私が高校生まで使っていたもの。就職してからは、ポットベリー(打楽器アンサンブルグループ)で難しい楽譜を与えられた時、音を確認するのに使う程度だった。

 母曰く「低い音をひいたら、高い音もひくよ。わかるんだろうね~。ゴンタくん、大きくなったらバアバのうちにピアノひきにおいでね。」

 確か、この間は「音楽はダメ!スポーツしなくちゃ!」って言ってなかったっけ?
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/04

ラッキー7

IMG_0413

 最近、とある大学病院に入院していた。
 どこの病院でもあるだろうが、テレビは病院専用のカードを購入し見るようになっていた。

 ある朝、ふと気がつくとテレビカードの表示が「777」に!
 普段健康な時なら見過ごしてしまうのだろうが、病気で多少気弱になっている時なのでそれが妙にうれしかった。
 「何かいいことあるかも?」なんて期待してしまった(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/02

これは便利!

IMG_0416

 九州自動車道を使ってドライブにでかける途中見つけた、広川サービスエリア(福岡県広川町)にある「ベビールーム」。
 約8畳のスペースに授乳室(椅子、カーテン付)、おむつかえ台(2)、ミルクに適温のお湯が(もちろん水も)出る流し、子どもが遊べるコーナー(オモチャが若干あり)など設備が充実。おむつかえ台には「おしり拭き」が備え付けてあるのがうれしい(^。^)
 体重計もあったのだが、電池切れか測定不能だった(>_<)

IMG_0417
  
 ここなら長時間車の中で退屈した子どもたちも、少しの間くつろげるのではないだろうか。そんな子どもたちを見て親もホッとする(^_^;)

 このベビールームはほかに古賀サービスエリアにもあるらしい。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »