« 一緒に喜んで | トップページ | もう7月ですね »

2007/06/29

病人はつくられる

 朝、主治医がやって来て、珍しくベット側の丸椅子に腰を下ろしました。
 いつもは立ったまま10秒と私のところにとどまることのない彼の妙な様子に、何かあるなと思いました。

「ん〜、入院が長くなってるからねぇ…、私や外科の先生(注:がんの治療は泌尿器科、肺の空気が漏れる方の治療は外科が行っています)ではどうしても病気の話だけになってしまうからね…、神経っていうか精神科の先生にいろいろ聞いてもらったらどうかなと思ってね。そういう先生だと、また違った見方をしてくれるからね…。」

 予定されていた抗がん剤治療を拒否して家に帰りたいと言う私が、入院の長期化でイライラして自暴自棄にでもなったと思ったのでしょう。
 最近主治医がやけに声をかけてくるので、もしや…とは思っていました。
 私のことを考えてくれているのだなと思うとうれしかったのですが、予想通りの展開に、笑いを堪えるのが大変でした。

「先生、大丈夫ですよ。イライラしていませんから」
とニッコリ笑って答えておきました(^_^;)


 夕方、外科の主治医がやって来ました。
 なかなか肺が膨らまないし、数日前から器械が胸の空気を吸引していないような気がしたので、管の接続部分を見て欲しいと頼みました。
 接続部分に注射器で空気を送り込んだり吸引したりすると、器械がジューっと音をたてて胸にたまった空気を吸い始めました。

「ちょっと詰まっていたみたいね。明日レントゲン撮ってみましょう。」

 そう言って外科の主治医は去っていきました。
 ずっとあのままだったら、手術で肺を切り取られるところでしたよ〜。クワバラクワバラ…(-.-;)

 医師にお任せでなく、患者も治療に参加しなければ「病人」はつくられていきますよ。
 みなさまも、お気をつけくださいませ…。

|

« 一緒に喜んで | トップページ | もう7月ですね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82855/15595620

この記事へのトラックバック一覧です: 病人はつくられる:

« 一緒に喜んで | トップページ | もう7月ですね »