« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007/11/27

歯科検診

 今日は保育所の歯科検診。
 昨日はいつもより念入りに仕上げ磨きをしたから大丈夫、と自分に言い聞かせながらも気になります。

 なぜって、職業柄…やっぱり、ねえ。
 「予防」を職業とする保健師の子どもに虫歯があるっていうのが、自分の中でひっかかるのです。

 もちろん、自分が虫歯で痛い思いをしたので、子どもに同じ思いをさせたくないというのもありますよ。
 
 保育所へお迎えに行って、すぐに「おたより帳」を開きました。
 歯科検診表がはさんでありました。
 そこには大きく「虫歯 0本」と書かれていました。

 あ~、よかった^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/26

寝込んでいました

 21日の夜に「さぶっ」と思っていたら、案の定高熱が出ました。

 免疫学の先生方は、この熱を下げてはいけないとおっしゃいます。
 風邪のような症状の後に、腫瘍が縮小するという症例があるというのです。
 ですから、私はじっと耐えました(-_-;)
 腫瘍が小さくなるのをイメージしながら…。

 いつもなら1日で下がるのですが、今回は手強かったんです。
 3日間布団から出られませんでした。
 その間の予定はすべてキャンセル。
 関係者のみなさま、ご迷惑をかけ申し訳ありませんでした。

 今朝はどうにか車でゴンタを保育所へ連れていくことができました。
 ふぅ…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/11/20

また来ます

 子ども(4歳の男の子)を連れた知人と、近所のお店で会いました。
 そのお店には、子どもが遊べるような3畳ほどの区切られたスペースがあります。
 なるほど、ここなら子ども連れでもゆっくり話せるな、と思いました。

 彼女との話が盛り上がり2時間が経過した頃でした。

 バシャーン

 手がすべったのでしょう。
 彼が飲んでいた牛乳のコップが床に転がり、あたり一面白い海に…(-_-;)
 
 「すみません、ごめんなさい…」
 
 すぐに店員さん(男性)が、タオル(洋服についた牛乳を拭くため)と雑巾をもってこられました。
 そして、私たちのために別席に案内してくださいました。
 それだけでなく女性の店員さんが、

 「はい、今度は紙コップだから大丈夫よ~」

 と、同じメニューを新しい席に持ってきてくださったのです!
 私はその対応に感激してしまいました。
 お二人とも少しも嫌な顔をせず、さり気なく自然なのです。
 気持ちのいい接客ってこういうことを言うのだな、と思いました。

 これまで、ゴンタを連れてお店に入ろうと思っても
 「10歳以下のお子様はご遠慮願ってます」と言われたり、
 「ベビーカーのご使用はご遠慮ください」と入り口に張り紙が張ってあったりする店がありました。
 そういう時、ちょっとムッとしたり悲しい思いをしたりします。

 こういうお店(スタッフの方や設備も含む)が、地域にたくさん増えるといいなぁと思います。
 モスバーガーのスタッフさん、どうもありがとうございました!
 今度はたくさん注文します…(^_^;)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007/11/17

ちりとてちん

 NHKの朝の連続テレビ小説「ちりとてちん」。
 みなさん、ご覧になってます?

 仕事を休んでから、番組自体見るようになったのです。
 「ちゅらさん」や「いもたこなんきん」(藤山直美さん主演)、前作の「どんど晴れ」も好きでした。
 これまでは1回や2回見過ごしても気にならなかったのです。

 が、今回は違うのです!
 1回なんてとんでもない。1分も1秒も見逃したくないのです。
 だって、涙を誘うシーンから突然笑えるシーンにガラリと変わったり、登場人物の些細な会話や表情が後のストーリーの伏線だったりするんですもの。

 と言っても朝はバタバタでゆっくり観られません。
 泣いた後、ゴンタを保育所に連れて行くのもね…。
 そこで、同日12時45分からと土曜日の9時30分からの再放送を観ることにしました。
 何度観ても飽きません。

 なぜここまで「ちりとてちん」に引き込まれるのか…私なりに考えてみました。
 
 あ、佐賀北高校野球部に似てる(^.^)

 と、思ったんです。
 「全員野球」で夏の甲子園の頂点に輝いた佐賀北高校野球部。

 「ちりとてちん」もヒロインはいらっしゃいますが、観ていると登場人物みんなが主役に見えてくるんです。
 誰かが強い光をはなち、その影になる人がいたり、影になる人がいて引き立つ人がいたりするのではなく、全員が輝いているんですよ。
 だから、私の心をつかんで放さないのです。

 来週はどんな展開になるのでしょうね(^_-)-☆
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/11/13

JOY倶楽部

 今日はJOY倶楽部のミニコンサートです。
 ゴンタが通う保育所と地域の団体の共催で開かれました。
 
 これまで、大きな会場で演奏を聴いたことはあったのですが、今回は小ぶりな地域の体育館です。
 演奏者の存在を身近に感じられるので、私はとても楽しみにしていました。

 注目したのは、もちろんパーカッションです!
 モンキータンバリン(カラオケボックスに置いてある、皮が張っていないタンバリンです)のNさん(あんまり楽しそうだったので名前覚えちゃいました(^。^))。
 からだを左右に揺らしながらタンバリンを打ちます。
 曲は、オブラディオブラダ。
 チャカチャカチャカチャカ…。

 サビの部分が終わると、タンバリンをマリンバ(大型の木琴)のマレット(鍵盤打楽器を叩くバチ)に持ち替えます。
 マレットを持っても、彼女はからだを左右に揺らしながら踊っています。
 「あー、出番間に合うのかしら…」
 ついつい余計な心配をしてしまいます(^_^;)

 Nさんを見ていて、「音楽」って表現なんだなぁと改めて思いました。
 楽譜の音符だけを追ってしまって、不完全燃焼のまま終わった曲はいくつあるだろう…(お客さん、メンバーのみんなごめんなさいm(__)m)。
 今度演奏する曲は、何かを表現するぞ!そうなるようにちゃんと練習するぞ!と決意した私です。

 保育所の子どもたちも、「ドレミの歌」など知っている曲は口ずさんでいました。
 観客も小さな楽器で演奏に参加するコーナーもあり、あっと言う間の1時間でした。
 JOY倶楽部のみなさん、ありがとうございました!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/11

パンが焼けました

Img_1779

 地域の子育て支援グループ主催のイベントに参加しました。
 
 竹の棒にパン生地を巻きつけて炭火であぶります。
 手のひらサイズのパン生地をゴンタに長く伸ばしてもらおうと思ったのですが…、あれ?いません。
 ゴンタはどこへ…?
 
 いました!キャンプ場の小川に入ってお友達と遊んでいます(-_-;)
 ゴンタの行方を目で追いながら(゜.゜)、パン生地をあぶりました。
 
 炭火の上で竹の棒をゆっくりまわします。
 すると、少しずつパン生地が膨らんでキツネ色になってきました。
 「あつっ」と言いながらパンを少し触ると、竹の棒の上でくるくるっとまわります。
 そうなればパンが焼けたサインです。

 「パンが焼けたよ~」
 ゴンタがやってきました。
 「ウインナー入れる~」
 らせん状のパンの中にウインナーを入れてパク!

 2つめは私がいただきま~す…ん?ゴンタ。
 「ブルーベリージャムつける」

 3つめは…。
 「チョコつけるぅ」
 
 ゴンタ~、母ちゃんにもちょうだいよー(ToT)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/11/10

今年も始まりました

Img_1774

 カキの季節がやってまいりました!
 もちろん、諫早のいつものところ(高尾さん)ですよ。

 中型バケツいっぱい(3人前)のカキを炭火で焼きます。
 カキが少し口を開いて、30秒くらいすると食べ頃です。あ、私としてはです(^_^;)
 平らな方の殻にくっついているカキを、膨らんでいる方の殻にナイフで落とします。
 そこにレモンをちょっと絞って、カキの汁ごといただきます。
 あ~、思い出してもよだれが出るぅ…。

 昨年までは見学者(?)だったゴンタも、今年は参加です。
 よく火を通したカキを6個食べました。
 カキご飯のおにぎりも2個食べて、大満足のようでした。

 また行きたいな~。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/08

ハンドパワー

 今日は、外気功(ハンドパワー)の先生のところへ行ってきました。
 施療がおこなわれる部屋には、毎回20~30人(付き添いや見学者も含め)が集います。
 九州内だけでなく、東京や名古屋からもいらっしゃいます。

 先生の施療を待つ間、ハンドパワーで元気になられた方々の体験発表を聴くことができます。
 アトピーがよくなって肌がスベスベの人、
 血糖値や肝臓機能の値が正常値になった人、
 長期に渡るうつ病が治り、薬を飲むこともなく人前で発表できるようになったと喜ぶ人、
 肝臓がんで余命1か月と宣告されたが、今では畑仕事をしている人、
 リウマチで顔が洗えなかったが、今ではペットボトルのふたが開けられるようになった人…。

 病気だけではありません。
 事業がうまくいくようになった人、ズタズタだった家族が仲良くなったと涙ぐむ人…。

 私は最初、「そんなことがあってたまるものか」と疑っていました。ここにいる人は雇われた「サクラ」だろうと。
 でも、身体の痛いところや重いところを両手で挟んでもらうと、なんだがポカポカ温かくなります。
 しばらくすると身体の痛みがなくなり、身体がとても軽いのです。

 今まで学んだ知識では、上記のような症例はありえないことです。
 毎回体験発表を聞き、その本人を目の前にすると鳥肌がたちます。
 そして、人間は目に見えない大きな力(存在)に「生かされている」と感じるのです。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/06

久しぶりに

 久しぶりに、昨日ゴンタが高熱を出しました。
 熱はもう下がったのですが、用心のため今日は保育所をお休みしました。

 外は雨ですし、室内でまったり過ごしています。
 午後はゴンタと自分の衣替えをしましょうかね。

 急に寒くなってきました。
 ブログをご覧のみなさんも、体調管理にはお気をつけください(^_-)-☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/03

ぐんぐん育て

Img_1762

 飲料メーカーの「おまけ」についていた、チンゲン菜の種をまきました。
 ある程度発芽したので、プランターに植え替えました。
 ぐんぐん育って、おいしいチンゲン菜にな~あれ(^v^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/01

小さくなってるぅ!!

 小さくなってるぅぅぅ~(゜o゜)

 病院でCTを撮りました。
 左下肺にある直径6㎝のリング状の腫瘍が3㎝ほどに小さくなっていたのです!
 ヤッター!(^^)!

 「うーん、これは明らかに小さくなってるねー」

 医師もうれしそうです(新しい主治医は一緒に喜んでくれるんです)。
 診察によると、私の身体はがんと闘えるようになってきているそうです。
 右下肺に6㎝ほど、左上肺に2㎝が2個ありますが、これもじきに小さくなるでしょう。

 病院を変わってから、「がん」という病気が怖くなくなりました。
 多少肉の塊(=「がん」)があっても、朝気持ちよく目覚め、ご飯がおいしく食べられ、家族や友と過ごす時間があり、夜ぐっすり眠れればいいじゃあないの、という気持ちになれたのです。

 「からだ」と「こころ」にやさしい“がん治療”をめざして、がんばりますよ~ん。
 
 

 
 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »